2006年11月07日

U planet

11月です。今年も早いもので残すところ2ヶ月です。南国宮崎とは言うものの、朝晩は暖かい服装が必要になってきました。宮崎でもこれだけ気温が下がって来たという事は、北海道や東北地方なんかはもっと肌寒い感じなのかもしれませんね。みなさん、風邪など引かない様に気をつけていきましょう!
それでは本日も宮崎人のBlogをご紹介してみたいと思います。今日ご紹介する宮崎人な方は、延岡在住の津軽三味線奏者でして、今年行なわれた『津軽三味線全国大会』にて初出場ながら上位入賞を果たされ、しかも元英語の先生で英会話はペラペ〜ラという津軽三味線森山流の師範なこの方、森山 由希華さんの

U planetです

http://red.ap.teacup.com/yukika/

yukika.jpg


森山さんは、実父でもある森山 由希昭さんの創設された"津軽三味線森山流"の師範を務められていまして、数多くのお弟子さんに稽古を付けつつご自分も厳しい修行を毎日行なわれています。幼い頃から三味線や和太鼓の他、いろんな楽器が身近にある環境で育った彼女の初舞台はなんと4歳の頃!小学校では合唱部、中学校では吹奏楽部と音楽に常に係わりを持ち続けて成長されていったようです。"文武両道"ならぬ"文音両道"な彼女は、英知大学を卒業してカリフォルニア大学へ留学した後、神戸の中学校で英語の教師を勤められますがその間も、三味線を手放す事のなかった森山さんは芸の道に進むことを決意され、延岡に帰郷されます。その後、日本人では初(!)のカンボジアでの津軽三味線の公演を行なわれたり、インドに伝わる太鼓タブラーとのセッションを重ねられるなど、これまでに例の無い活動を重ねられています。

現在では、地元延岡を初めとして県内各地でいろんなステージに出演されたり、小学生を対象とした「伝統文化子ども教室」の三味線の講師を努められる等、毎日忙しい日々を過ごされている中で、お弟子さんに稽古を付けつつご自分の技術を磨かれており、かなり多忙な日々を過ごされています。。そして、三味線だけでなく生け花にも精通されているようで、その忙しいスケジュールの合間を見ては花を生ける時間を作られているようです。常に動いていないと我慢できない彼女は昨年、延岡総合文化センターが主催した音楽劇「スカバン!」の主役も務められています!そのお芝居の中ではバンド演奏などもあり、さらに三味線の新しい可能性を見出されたようです。

そんな森山さんのBlogでは、日々の生活の中で感じられた事柄やご自分の出演されたステージの様子などを中心に書かれています。記事の中にUPされている画像もいい感じで、芸術に秀でた方らしく美しい画像を次々に楽しめます。また、常に真剣勝負の場所に立っている彼女らしく、ぐっと引き付けられてしまう詩などには納得させられる内容も多く書かれています。その他にも、「自然」に対して考えた文章も多く、人間というか『生き方』というものに対して、いろんなことを考えさせられたりもします。忙しい日々を送られている森山さんのステージ情報などもUPされていますので、このBlogを見て彼女に興味をもたれた方はぜひステージに立っている彼女の演奏をご覧になってみて下さい。これまで何度も管理人は彼女の演奏を見てきましたが、何度見ても鳥肌が立つほどの真剣さと、その演奏から眩いほどの輝きを感じます。涙を流すほどの感動を覚えられる方もいらっしゃる程、卓越した演奏力の一方で、優しい人柄を感じさせるトークを兼ね備えたステージは、そう体験できるものではないですよ☆


今後も、県内のみならずいろんな場所で幅広く活動される事を期待しています!!




P.S. もっと!もっと!!みやざき人Blogを全国へ!!!

あのぅ〜、また今日から出直そうと思います。んで、今まで以上のより多くの方に"いるいる"を見てもらえるように、banner_02.gifに登録しました。出来ましたら、ポチッ黒ハートとご協力お願い致しますm(__)m
posted by ケイ at 03:23| Comment(1) | TrackBack(0) | 著名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
四才の娘に三味線を習いたいのですが。どぅしたら良いのか分からず‥
Posted by 杏ちゃん at 2009年01月14日 22:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26910950
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。